PMOになりたい - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > PMOになりたい

PMOになりたい

IT業界を中心に今PMOがとても注目を集めており、自分もPMOで働きたいと考えている人が増えているそうです。
それではPMOとして働くためにはどのようなことが必要になるのでしょうか?

まずはじめにPMOの仕事内容はPMOアドミニストレータとPMOエキスパート、PMOマネージャーがあります。
PMOアドミニストレータとはプロジェクトに関連したデータを集めて新しい情報がでるたびに更新してプロジェクトチームや企業に共有したり、プロジェクトそのものの管理などを行う事務的な業務がメインになります。

PMOエキスパートとはプロジェクトのスケジュールを把握しておき、それに沿って進捗状況を確認したり、何らかの修正点が見つかったら指摘できるように監視することがメインの仕事になります。
いわばプロジェクト現場のリーダーシップを取る立場になり、状況に応じて新しいツールを作成したりすることも求められます。

最後にPMOマネージャーは勤務状況やプロセスの管理・教育といったプロジェクト全体のマネージメントを行うのがメインの仕事で、客観的にプロジェクトを見るスキルとそれにともなう専門的な知識が求められます。
このようにPMOの仕事内容にも種類がありますので、業務内容をしっかり把握しておく必要があります。

さらに特別な資格が必要になるわけではありませんが、基本的な知識やスキルを身に付けるという意味で取得しておいて損はない資格や関連する書籍はあります。
そういった資格を取得したり書籍を読んでおくとスムーズに業務に慣れることができますし、基礎的な部分が分かっている分やりやすいでしょう。