PMOとIT - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > PMOとIT

PMOとIT

PMO(Project Management Office)は企業のプロジェクトに対していろいろな提案を行うだけでなく、監視やサポートをし、トータル的に携わることがメインになりますが、もっとも密接なつながりのある業界がIT業界です。
PMOとIT業界の関係性はもともとPMOがIT用語として認識されていることが多いこと、これはIT業界が積極的にPMOを導入していることが影響していると言われています。

実際に何をやるかというのは冒頭でもお伝えしたとおり企業のプロジェクトの全体的なコンサルティングで、企業が計画しているプロジェクトに対して適切なプロジェクトマネジメント手法を決めたり、プロジェクト管理を支援するためのツールや、作成・保存しておくべきドキュメント類を標準化する役割を担っています。
それだけでなく、企業全体に考えが行き渡るようにプロジェクトマネジメントのやり方や支援ツール、ドキュメント作成のルールや作法といった基本的なことを教えるのもPMOの役割となります。

IT業界は基本的に各部門で専門的な知識やスキルが必要とされる分、トータル的なマネージメント能力が欠けている場合もありますから、そこをしっかりリードしてくれる存在としてPMOを重宝しています。
中には職人集団のようなスキルはとても高いけどプロジェクトの計画性・推進力が物足りないというところもありますし、そういった企業へPMOを導入することによって飛躍的に成果が出るケースも少なくありません。
また、近年ではITだけでなくいろいろな業界が積極的にPMOを取り入れています。