地方のPMO案件 - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > 地方のPMO案件

地方のPMO案件

PMOは企業の提案したプロジェクトを成功させるため、あるいは企業そのものの立て直しや企業設立などあらゆるプロジェクトに携わるプロフェッショナルな集団で、ビジネスシーンでは当たり前の存在になりつつあります。
ここ20年でビジネスシーンは大きく変化し、プロジェクトの進め方にも専門性の高い人材を入れて効率的に進めていく傾向が強くなっており、その結果プロジェクトの成功率も飛躍的に伸びているそうです。

企業のプロジェクトは基本的に妥協しながら進めて行くことも多く、100パーセント納得できる成果を得るためにはそれなりのリスクを負わなければなりませんでしたが、PMOへ依頼することによってリスクマネージメントもしっかりとされるようになりました。
これが成功率の高さにも繋がっており、PMOがトータル的に優れた存在であることは今やビジネスシーンでは当たり前だと言えるでしょう。

そういった認知度と信頼性の高さもあってか、プロジェクト推進に向けてPMOへ依頼するあるいは企業内にPMOチームを結成するところが増えており、PMO案件も多くなりました。
PMO案件の数だけで言えばやはり東京都を中心に首都圏が圧倒的に多いのですが、地方のPMO案件も徐々に増えてきているそうです。

特に関西圏はPMO案件が豊富なことでも知られており、外資自動車メーカーのディーラーマネージメントシステムPMOやプロジェクトチームの一員としてPMO支援を目的とした人材募集を行っている企業もあります。
このようにPMO案件が広がることによって、今後も広まっていくでしょう。