東京はPMO案件が豊富 - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > 東京はPMO案件が豊富

東京はPMO案件が豊富

PMOとはProject Management Officeの略で、企業が行うあらゆるプロジェクトのリーダーシップを取り、計画的に進めて行くための組織です。
プロジェクトにかかわるだけでなく「リーダーシップを取る」というのがポイントで、PMOは企業からの依頼を受けた場合はその企業のプロジェクトに参加して先頭に立ち、リードしていかなければなりません。

現在PMOはビジネスサイトやビジネス専門誌でも注目を集めており、たびたび目にしますが、その背景にはプロジェクトの成功率があげられます。
たとえばシステム開発プロジェクトをPMOに依頼した場合、その成功率は31.1パーセントだったという調査結果が出ており、これはかなり驚異的な数字です。

なぜならPMO導入前のプロジェクトの成功率は実に10パーセントにも満たない調査結果が出ており、何かしら妥協してプロジェクトを進めていくしかありませんでした。
これはプロジェクトの計画性や専門知識、リーダーシップなどあらゆる要素を高いレベルで兼ね備えているPMOだからこそできる成果だと言えるでしょう。

その結果PMO案件は今とても増えており、特に東京では企業数が多い分PMO案件の数も豊富で、特にIT関連のPMO案件は充実しています。
たとえばシステム導入プロジェクトにおけるPMO業務やインターネット銀行事業開始プロジェクトのPMO支援といったプロジェクトがありますし、月額報酬も60万円~120万円ととても高くなっています。
そのためPMO案件を専門に扱う企業も多くなっています。