PMO案件の多い業界 - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > PMO案件の多い業界

PMO案件の多い業界

ビジネスサイトやビジネス雑誌を見ると、最近「PMO」というワードをよく見かけるようになりましたが、これはProject Management Officeの略で、企業のプロジェクトを進めるうえで先頭に立ってリーダーシップを取っていくのがメインの仕事になります。
プロジェクトを進めていくうえで直接的なコンサルティングも行いますが、進捗状況の確認や監視などプロジェクトを客観的に見ることもしますので、トータル的なサポートを行うと言っていいでしょう。

それにともなって当然専門的な知識が必要になりますし、リーダーシップを取っていかなければならない分、決断力も求められます。
こういったトータル的なスキルを持った人材のいるPMOの需要はどんどん増してきており、いろいろな業界が積極的に依頼しているそうです。

それでは現在もっともPMO案件の多い業界と言えばどんなところかと言うと、これはIT業界が圧倒的に多いです。
IT業界は日々新しい分野に関わることが多いですし、システム開発するにしても予算や納期、クオリティをどうすれば良いのかプロジェクトごとに違ってきますから、そのあたりで仕事に集中する意味でもPMOによるリーダーシップは役立つのです。

また、プロジェクトに関するリスクマネージメントもしっかりやってくれるため、あらかじめどんなリスクが想定できるのか分かりますから、より先の見える仕事ができるのです。
もちろんIT業界以外からの依頼もたくさんありますし、PMOの中にはより分野を絞ってより専門性の高い仕事をしているところもあります。