PMOの平均年収 - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > PMOの平均年収

PMOの平均年収

PMOの需要は年々高まっており、これはあらかじめプロジェクトを専門家に任せて進めて行くことによってスムーズになるだけでなく、精巧の可能性が高くなるメリットがあるからです。
企業内では常時新しいプロジェクトについて協議されていると思いますが、必ずしもコンサルティングに関して専門的な知識を持っている人が揃っているわけではありません。

たとえば伝統工芸品を扱う企業のように職人スタッフがメインとなる企業では、良いアイデアが浮かんでもそれをうまくプロジェクト化して進めて行く能力がないところも多いのでせっかくのアイデアも水の泡になってしまいます。
そういった企業にPMOが関わることによってどのように進めて行けばいいのか、またどんなメリット・デメリットがあるのかもアドバイスしてくれます。
もちろん一般的な企業でも積極的にPMOへ依頼するところがたくさんありますし、信頼性の高いPMOほど知名度も高くなり需要は増しています。

それではPMOの平均年収はだいたいどのくらいなのでしょうか?
これは実際に受けた案件にもよりますし、PMOが会社組織としてやっているのか個人でやっているのかでも異なりますが、だいたい500万円から700万円程度が平均年収となっているため総じて高めです。

もちろん実績や務めた年数に応じて上下がありますから、高い実績を積み上げている人の中には年収1000万円を超えるというような人もいます。
それを考えると企業の役に立ち、自分も稼げるPMOはとても魅力的な仕事であり、今もっとも最先端の職業と言えるのではないでしょうか?