PMOに求められるスキル - PMO案件の特徴

PMO案件の特徴 > PMOに求められるスキル

PMOに求められるスキル

PMOというワードをよく見かけるようになりましたが、これはProject Management Officeの略で組織に対してリーダーシップを取り、プロジェクトを進めて行くのがメインの仕事になります。
会社組織としてPMOを扱っているところもあれば、企業内にチームとしてPMOを設置しているところもあり様々ですが、基本的な役割は同じです。

それではPMOに求められるスキルとはどんなことでしょうか?
これはまずPMOの特性を見ると分かりやすいのですが、最初にあげられるのはリーダーシップで、PMOはプロジェクトをリードしていく役割を担っていますからリーダーシップは絶対に欠かせない要素です。
また、組織を統率していく能力も当然なければいけませんし、プロジェクトを進めて行くにあたって計画力も必要になります。
さらに何かあったときにすぐ調整できるような力やプロジェクトをスムーズに進めていけるだけの推進力、プロジェクトに対して必要な知識力も重要なポイントになります。

さらに絶対に必要な能力としてリスクマネージメント能力で、これは起業のプロジェクトをコンサルティングするなら欠かせません。
どれだけ魅力的なプロジェクトであったとしても、必ず何らかのリスクはついてきますし、そこに目を向けずに進めて行くのはもし失敗したときのことを考えるとデメリットのほうが大きくなります。

たとえ成功したとしてもいつ失敗のリスクが降りかかって来るか分かりませんから、常に最悪の事態を想定して計画することは基本中の基本となる能力と言えるでしょう。