PMO案件に求められるもの - PMO案件の特徴

PMO案件に求められるもの

近年、ビジネスシーンでよく見かけられるワードの中に「PMO]というものがありますが、これはどのような意味を持つワードなのでしょうか?
PMOとはProject Management Officeの略で、企業の組織内で行われるあらゆるプロジェクトをコンサルすることが仕事になります。

PMOでは組織内でリーダーシップを取って積極的にプロジェクトをリードするだけのスキルが求められますから、組織の統率力やプロジェクトの計画力、調整力、推進力、知識力、リスクマネージメント力すべての能力が高いレベルで持っていないといけません。
PMOは組織でそれをメインにやっているところもあれば、個人で営業をしてPMO案件を受注してくるところもあります。
また企業内にPMOのチームを結成して、自社でコンサルしているところもありますので、いろいろなケースが考えられます。

そしてPMO案件の種類ですが、これはいろいろあって、たとえばひとつのプロジェクトの一部分だけをコンサルしてほしいという依頼もあれば、プロジェクト全体をリードしてほしいという案件もありますし、中には会社組織自体を一から立て直して欲しいという依頼もあるそうです。
案件によって報酬は異なりますが、仕事の難易度が高くなれば当然報酬も増えますし、成功例が多くなれば信頼度も高くなって依頼増加につながります。

もちろん簡単にできることではありませんが、現在のビジネスシーンではPMOを頼りにしている企業は非常に多いですから、こういった仕事をメインにするところは増えていくのではないでしょうか?